SBDスタッフブログ

中国から100円の商品送料無料はなぜできる? 中国から100円の商品送料無料はなぜできる?

アマゾンの送料に驚きを隠せない。crying

中国発送の製品はなぜ送料無料が多いのか。

私は、よくネットで電子部品や日用品を買います。

 そして、アマゾンプライムの会員です。1 会員分 アマゾン配送無料の支援者になっています。 ほとんどのネットの買い物は、アマゾンで購入しています。

 職業柄、本来であれば、国内の独自ドメインのネットショップで購入するべきですが、消費者として、正直な話、ネットで買って自宅に届く、送料無料は中毒でしかありません。

 最近では、FaceBookの滞在時間より、アマゾンにいる時間が多いと感じます。
そんな中、なぜか、100円前後のものでプライム商品でバイヤーからの発送となっており、実際に購入すると、銀色の包みで中国から届くものなどが有ります。

よく見ると、中国郵政と有ります。中国の郵便局から送られているようです。

 日本のネットショップでは商品の単価が少し高く、さらに送料が発生します。

何故そんなに送料を安くできるのか?職業柄、焦りと、疑問を思っていました。

 そして、前回の運送会社各社の送料値上げの時期(2018年8月以降)売上が減ってしまった。

アクセス数は減っていないが売上が落ちてしまったなどの声が寄せられ、相談される事も有ります。

送料の値上げに最初に踏み切ったのは、クロネコヤマト、新聞広告などを使い2017年5月22日掲出の新聞広告(関東版)で告知をはじめ、2018年10月1日値上げ施行となりました。

「クロネコヤマトの値上げに対する告知ページ」いつも集荷に来るドライバーさんなどを見ても仕方がないと感じたのではないかと思います。

 大型梱包の大型サイズ発送程利益が出ない。小物もアマゾンの価格に敵わない。実際に、私も2輪部品など携わっていますが、 問屋さんよりアマゾンの方が安い ケースが多くありました

 特に、これは、2輪部品や4輪部品で起きているようですが、国内の運賃で、各運送会社一斉値上げ!が始まり、配送個数が多い所も、運送会社さんの「引受先が無い問題」も有ったようです。

 今までの、タイヤの本数を4本、1梱包で発送できていたものが、タイヤが見えると1本、1梱包でなければ、取り扱わないと言う、「強気の!」運送会社さんもいるそうです。

 国内に向け販売しても、大きな荷物での発送をしなくてはいけない、独自ショップに対し、アマゾンの送料特典には、ついていけないのが本音だと思います。

大手2輪部品販売店のオンラインショップも閉鎖の予定など、良い話は聞こえてきていません。

中国の宅配梱包数

新華社が中国国家郵政局の発表として伝えたところによると、2017年に中国の宅配業者が配達した小包は約400億個で、前年から28%増加した。

 総取引額は32%増の9760億元(1502億1000万ドル)に達したとみられる。

どれだけ、販売個数が大きいか?想像がつきませんね!日本でも購入する消費者の方もかなり多いのではないでしょうか?

本題に移ります。なぜ送料無料が多いのでしょうか?

日本発送より中国発送の方がコストがかからないのでしょうか?

 こちら、少し調べました。

 どうやら、郵便料金は万国郵便連合では発展途上国に対して低い料金を設定しているため、アメリカでは、サンフランシスコからニューヨークへ送るよりも、北京からニューヨークに送る方が料金が安いという状態だそうです。

特に中国が恩恵を受けている事が問題視されています。

 同時に利用者として、恩恵を受けているのですが、ネットショップの支援事業者としてはそれだけ国内販売が主たる、独自ネットショップの販売が、難しくなると感じる時が有ります。

万国郵便条約-WIKIPEDIA

 国際郵便サービスの内容について規定し、国際郵便が全世界で利用できるよう、各国郵政庁に対し、外国あて郵便物の引受け、外国来郵便物の配達、継越し(外国来他国あて郵便物の仲介をすること、仏・英: transit)、国際返信切手券の引換えを義務づけているほか、郵便禁制品[1]、国際郵便物の亡失等に関する賠償金および免責事由、郵政庁間の料金精算(補償金)などについて定めている。

出展:wikipediaから引用

万国郵便条約に基づく禁制品
https://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/upc.html

送料無料に出来る。からくり

 万国郵便条約によると、国際郵便における配達先の国内で発生するコストは配達先の国が負担することになってるらしいので、とにかく貨物コンテナに隙間隙間なく、日本へ届けてしまえば、日本国内の配送コストは日本郵政の持ち出しとなる。

 送料無料にできるからくり=送料の違いと条約にあるのです。

結構な割合で、潰れています。smiley

届いた商品の状態を見れば、コンテナ内の想像が付きます。この辺に、更なるからくりを感じます。

独自ショップの発送で、このような発送をしたら、とんでもなく目くじらを立てられますが。

私の場合、クレームを言って、また数週間かかるのなら、送料無料だから、安いから良いか?箱くらい潰れていても!と我慢してしまいます。

送料はどれくらい違うの?

 日本から国際郵便の最安料金が180円に対し中国では、封筒で5人民元(98円) だという事で、およそ半額で、海外に送れるこの条約は、日本郵政にとっても、日本国内の独自ショップでも、良い関係ではないと感じます。

 消費者としては、大歓迎ですが、WISHなどアプリを通じ、個人輸入で中国から仕入れができる状況だと感じています。どこまで、対抗できるのか?対抗する手段は?

 中国に競合商品が有る。ショップ運営は、正直打撃を受ける可能性は大きくあります。また、すでに受けている可能性が有ります。

これからのネットショップ運営

 例えば、皆さんはYahooオークションを利用したことが有るであろうか?古物の商品同じものが2点とないものは、送料が多少高くても気にしないのでは無いでしょうか?

比較がすぐにできるものはこの送料の競争や競合との差別化に巻き込まれているのではないでしょうか?

 そして、最も考えなくてはいけないのが、それぞれのユニークな商品と販売方法を考える事、ネットショップとモールの混在をどのように区分けするのか?

 どこでも売っている人気の商品は、いずれアマゾンで売られる事を考えれば、今から売り方や販売する側の、 ここで買わなくてはいけない、理由作り をどれだけしているか?出来ているか?

送料でなく、売り方独自の商品!販売権利を持っているショップ作りを目指すことが大事だと思います。

SEO対策も大事ですが、根本から考えなくては、検索結果には同じく楽天などモール商品やアマゾンも混在していますよね!

これらの課題が重要な鍵になるのでは無いでしょうか。長くなりましたが、2019年初の本気の投稿です。これからも 宜しくお願いします。(投稿者:奥野)

お問合せはコチラ

ピックアップ

お見積り内容をみる

SBD記事(読み物)

スタッフブログ

制作代行サービス

コンテンツ

レビュー

カラーミーショップ パートナー
カラーミーショップ エキスパート
カラーミーリピート
社歌ができました
おもてなし認証