活動・作業日記

「砂町の居酒屋にある小さな貯金箱」の話! 「砂町の居酒屋にある小さな貯金箱」の話!

 4月19日。たまには食事でもしようと、江東区の砂町と言う小さな町にある、昔な
じみのもんじゃ屋で昔のなじみの仲間たちと食事をしていました。

 話していてわかったのは、その場にいた仲間みんなが、ここ数日は熊本地震のニュ
ース映像を見て、心を痛めているということでした。
 私自身も被災地の方々を心配する毎日ですが、いまだ記憶が鮮明な2011年東日本大
震災当時のことを思い出したりしております。

 私たちが住む江東区では、ここ最近は大きな地震に見舞われたことはありませんが、
今回九州地方を襲った甚大な被害は、決して他人事とは思えません。

 そんなことを考えていたせいか、途中で席をはずした折、ふと目に留まったのは【義
捐金のお願い】と書かれた、小さな緑の貯金箱。

私には、その小さな貯金箱ならぬ「募金箱」が、大きく何かを訴えているようにも見えました。

 大きなことはできないかもしれないけれど、私たちは今、小さなことでも何かをしなく
てはいけないのではないか、と。

 今思えば、東日本大震災のときにも、もっと何かできたんじゃないか、と。

 しかし、今の自分に何ができるのか?

 考える前に、その日集まった友人たちに「何かしないか?」と意見を求めました。

 私のそんな呼び掛けに対して、「やろうよ!」と、その場にいた全員が即答で答えてくれ
ました。

 まだ、具体的な何かが正式に決まった訳ではありませんが、みんなで知恵を絞り、身近な
ところから少しでも声を広げ、遠く離れた被災地にいる被災者の方々の不安が少しでも軽減
されることを願いつつ、一刻も早く笑顔を取り戻してもらえるよう、そして微力ながら少し
でもでもお役に立てるような活動を不安を取れるように、一人でも多くの笑顔と今後の復興
に役に立ちたいと考えています。

今はまだ、できるだけ早く揺れが治まり、これ以上の被害が拡大しないようにと、とにかく祈
ることしかできないけれど。

一刻も早く、活動の開始と、支援内容や支援協力頂ける方へのお願いを始めるべく、今こう
してパソコンの前に向かっております。

私一個人では何もできませんし、小さなことしかできませんが、みんなで力を合わせて小さな
力を大きくできるように活動の輪を広げていきたいと思います。

カラーミーショップを使ってできることなど、考え中で、探し中です。

なにか具体的になったらご協力お願いします。

ご参考までに

◎東日本大震災義援金  

詳しくは下記関連ページをご覧ください。  

※※受付期間が平成29年3月31日(金)までに延長されました。
※※ ◎平成28年熊本地震災害義援金  
[受付期間]  平成28年6月30日(木)まで  

[受付窓口]

 ○銀行(振込手数料が別途かかる可能性がございます)    
ア 三井住友銀行  すずらん支店
(普)2787530    

イ 三菱東京UFJ銀行 やまびこ支店
(普)2105525    

ウ みずほ銀行  クヌギ支店
(普)0620308   

 ・口座名義 日本赤十字社(上記3行共通)    

※受領証を希望される方は、下記担当窓口まで     

〔樵悪⊇蚕雖E渡暖峭罩ご麌嫺ゴ麌娚朖Δ振込みいただいた金融機関・支店をご連絡ください。

担当窓口:日本赤十字社パートナーシップ推進部
電話 3437−7081    

エ 肥後銀行  三郎支店 
(普)591893    

口座名義 日本赤十字社熊本県支部 

支部長 蒲島郁夫    

※金融機関によっては振込手数料が別途かかる場合があります。    
※受領証を希望される方は、下記担当窓口まで     

〔樵悪⊇蚕雖E渡暖峭罩ご麌嫺ゴ麌娚朖Δ振込みいただいた金融機関・支店をご連絡ください。
担当窓口:日本赤十字社熊本県支部振興課
電話 096−384−2120  

○ゆうちょ銀行・郵便局(窓口での取扱いの場合、振込手数料は無料)    
口座番号 00130−4−265072    
口座名義 日本赤十字社    

通信欄  「日赤平成28年熊本地震災害義援金」と明記すること受領書を希望される方は、
併せて「受領書希望」と明記のうえ、名前、住所、電話番号を記載してください。



上記の寄付先は控除証明が出ますので、寄付をする際参考にしてみてください。

自分のできる限りで、私も寄付をしたいと思います。

社歌ができました
お見積り内容をみる

SBD記事(読み物)

スタッフブログ(読み物)

作成代行サービス

コンテンツ

レビュー

SBD LINE@
カラーミーショップ パートナー