補助金をご検討の方へ

【補助金情報】企業の思い切ったEC事業を支援 (中小企業等支援サービス情報)

補助金に挑戦する皆様へ
ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するため頑張りましょう。

補助金とは

  1. 補助金によって、目的・対象・仕組みが異なります。

    補助金は、国や自治体の政策目標(目指す姿)に合わせて、さまざまな分野で募集されており、事業者の取り組みをサポートするために資金の一部を給付するというものです。それぞれの補助金の「目的・特性」を確認し、自分の事業の取り組みでWEBサイト制作、リニューアルに使える補助金を探しましょう。

  2. 必ずしも、事業の全額が補助されるわけではありません。

    補助金は、必ずしもすべての経費がもらえる訳ではありません。事前に補助対象となる経費・補助の割合・上限額などを確認しましょう。

  3. 補助の有無や補助の額については審査があります。

    融資などとは異なりお金を返済する必要はありませんが、補助金には審査があるので、「申請したら必ずもらえる」というものではありません。補助の有無や金額は「事前の審査」と「事後の検査」によって決まります。また、原則、補助金は後払い(精算払い)なので、事業の実施後に必要書類を提出して検査を受けた後、受け取ることができます。

SBDスタイルが出来ること

弊社のサービスで補助金を活用して、制作費、作業、広告宣伝など販路拡大をしたい場合、お気軽にご相談ください。
具体的な補助金の申請方法のアドバイス、各種補助金に必要な見積書などの対応をさえて頂きます。

申請から補助金請求までに必要な項目も、作業代行事業者としてサポート致します。

※IT導入補助金の場合、弊社サービスの採択を受け、支援事業者となります
補助金を使った長期の取り組みを一緒にしていきます

全 [3] 件中 [1-3] 件を表示しています
全 [3] 件中 [1-3] 件を表示しています

補助金の申請時にgBizID(GビズID)を利用することがございます。
gBizID(GビズID)は申請から2〜3週間かかりますので、いざ、 希望の補助金を見つけてから取得するのでは、
補助金の申請期間に間に合わわないことがございます。 予め、取得をしておくことをオススメいたします。

gBizID(GビズID)とは

gBizID(GビズID)は、複数の行政サービスを1つのアカウントにより、 利用することのできる認証システムです。gBizID(GビズID)を利用する システムにつながる行政サービスでの利用が可能となります。
今後、gBizID(GビズID)を利用した行政サービスは増えていきます。
gBizID(GビズID)の取得はこちら


補助金の申請時にjGrants(Jグランツ)を利用することがございます。
ログインにはgBizID(GビズID)のログイン情報を利用します。

jGrants(Jグランツ)とは

jGrantsとは、デジタル庁が運営する補助金の電子申請システムです。 いつでも・どこでも申請が可能であり、交通費・郵送費等のコスト削減や、 過去に申請した情報の入力や書類への押印が不要になるなど、 事業者の皆様における手間やコスト削減を目的としたシステムです。 jGrantsは法人、個人事業主、地方公共団体等どなたでも無料でご利用いただけますが、 申請の提出にはGビズIDが必要となります。 jGrantsはこちら


ピックアップ

  • このサイトもカラーミーショップで作成しています
お見積り内容をみる

SBD記事(読み物)

スタッフブログ

制作代行サービス

コンテンツ

レビュー

おもてなし認証