SBDスタッフブログ

商品点数が少ない、アクセスアップをしたい方はこれ! 商品点数が少ない、アクセスアップをしたい方はこれ!

カラーミーショップで、商品点数が少ないショップオーナー様へ

こんにちは、おかげさまで、カラーミーショップなんでも相談の方で

ご相談・ご質問を頂き、多くのショップ様との接点を頂いております。今回は最近、頂いた

ご相談の中で、同じ理由で悩みを抱えておられる複数のショップ様から頂いたご相談

と、それについて私が感じたことについて、書いてみたいと思います。

商品の点数が少ない!

サイトへのアクセス数が、非常に少ない!これが、割と多くのショップオーナー様が共有している悩みの【ポイント】でした。

「なぜ自分のサイトはアクセス数が少ないのか?」とのお悩みの、共通した一番の問題は「商品点数が少ない!」こと。

つまり、ページ数が少ないんです。

これだけだと、この記事を読んで商品点数が多ければ良いのか?と思われてしまうかもしれませんが・・・

実は、そんな単純なお話でもないんです。

-------------------------------------------------------------
※過去にページ数が4Pしかないのに、問い合わせばかり多いのでサイトを閉鎖してくれと言われた経験があります。
-------------------------------------------------------------

話を続けます。現状、販売点数が少ないショップさんは、様々な要因があると思われます。例えば、

メーカー

専門店

農家の方

ぁ.リジナル・ハンドメイド

ァ〇餠眦な問題で仕入れが増やせない!

などなど。
この「商品点数が少ない」とのお悩みは、詳しくお話を聞いてみたところ、特に専門性の強いショップ様に多い傾向のようですので、売る商品自体が少なくなる傾向はどうしても避けられないことだと思います。

カラーミーショップは売れない?】

違います!カラーミーショップで販売できないものは、例えECキューブやフューチャーショップでも売れません。

カラーミーショップとの違いは、より費用が掛かるのでもっと真剣に取り組む可能性が出るといったようなことなのではないでしょうか?
もっとも、自由度が高いなどといった利点はありますが、その分より複雑なシステムになりますので、カラーミーショップよりも真剣に取り組まなければ単なる資金の浪費になってしまいますので。

※語弊があるといけるので記載しますが、もちろん ディレクトリの名前の変更やCMSなどの特徴の違いはあります。←別な機会に詳しく書きます。

話を戻します。私たちは、カラーミーショップ専門の制作会社ですから、ここでプロとして今回の商品点数が少ないショップ様へのアドバイスを。

カラーミーショップを使っているから、出来るショップ作りをご紹介しますので、是非参考にしてください。

商品が増やせないならショップを売ろう!

そのきっかけは様々ながら、皆さんは自分でネットショップを開くと決め、商品を選定して、仕入れ先を見つけたり、自分で商品を作り出たりして、独立したショップを開業しました。

前にも書きましたが、ネットショップとはネットショップオーナー様の分身であり営業マンですから、自ずから、それぞれの個性があります。ですから、ネットショップが100あれば100、1000あれば1000の個性がある訳です。

それこそが、ネットショップの最大の武器なんです!そして、商品点数が少なければ少ないほど、商品ひとつに対し、その商品を売りたいという情熱や、思い出や、情報がより多く、大きくはずです。

更に、
※特化しているからこそ、その思いをサイト全体で表現しても、ショップのコンセプトがぶれない!

※専門店や直販だから安心できるサイト作りが出来る!

などのメリットもあります。

商品点数が少ないなんて悩んでいるなら、売りたいというその情熱で、商品の思い出や情報などをお客様に伝えていきましょう!そして、あなたがその商品の専門家だとアピールすべきです!
 

【準備 枉ι覆了廚い鮠ι淵據璽犬砲屬弔韻茲Α

 商品点数が少ないのなら、ひとつの商品ページのボリュームを増やすべし!

 お客様を接客するように、わかりやすく丁寧にひとつの商品を売るためにする説明や思いを商品詳細に書き込みましょう。

心機一転、せっかくの試みですから、商品説明に遠慮することなんて一切不要。書き方や文章力など気にせず、肩の力を抜いて気楽に、パソコンのメモ帳などに試し書きするのもいいですし、ノートなどに書き留めるのはおろか、直接更新したって大丈夫です。

自然に任せて、説明した方が伝わりますよ!

何度更新したとしても、Googleやお客様に悪い印象は与えないと思います。

※記事を更新しつつ、スマホなどで確認しながら改行や見出しなども整えていくやり方が良いと思います。

商品の魅力をお客様に一番伝えられるのは、あなたですよ!

その商品の【商品詳細】ではちゃんと具体的にその商品の魅力だけ伝えてください
(集中してその商品のアピールをしましょう)

その商品のスペックや規格・企画情報は無いのか?

なんで、その商品を仕入れたのか?または、作ったのか?

その商品を使う上で、お客様が得られるメリットや約束(ベネフィット)など

考えられることを、商品詳細に分かりやすく記載しましょう!

※これが、意外と難しいのですが、先ず思いつくことを入れて商品を誰かに紹介するように説明をしてください


【重要】ネットショップはあなたの大切な分身ですが、皆様は直接【商売】としてお客様と接しているのだと思ってサイトを育てていってください。何度も言っていますが、これネットショップの基本です。偉そうなことを言ってごめんなさい!

【準備◆曠ラーミーショップの特徴を覚えよう!

次に、カラーミーショップの特徴を使ってサイトのページ数を増やす方法と理論をお話しします。

手順,嚢圓辰榛邏箸蓮◆攵ι幣楮戞曚鬚い犬蠅泙靴拭

そのページは、

http://●●.●●/?pid=123456789

という、(pid)というページをサイト上で作ったということになります。

簡単なイメージを作ったので参考にしてください。先ずは、下記から理解していきましょう!

カラーミーショップディレクトリイメージ
 

カラーミーショップパラメータについて

画像にある(カテゴリ・グループ・フリーページ・商品ページ)の下などについている?ハテナ以降のURL)
の事をパラメータと呼びます。

■商品ページ【?pid=123456789】

■カテゴリページ【?mode=cate&cbid=123456789】

■グループページ【?mode=grp&gid=123456789】

■フリーページ【http://●●.●●/?mode=f1など】

のように違うことが、分かります。ここまで違いが分かるようになってもらえれば、どこかにリンクなどを張りたい時などに便利なので是非軽く、けれどしっかりと頭の片隅に残して頂ければと思います。
 

カテゴリ

カテゴリ特徴と言えば、商品を登録するときに※絶対に必要なのは、カテゴリです
そして、1商品に対して1つのカテゴリしか紐付けができません。
※パラメータの数字は登録時に自動付与(選べません)
※作成上限なし

グループ

グループの特徴は、商品をそのグループに紐付けます。
図のΝの商品をグループAにと言う感覚でグループに商品を割り当てていきます。
ルールは簡単で、同じグループに同じ商品IDは設定出来ません。ただし、複数のグループに1つの商品を紐付けていく事が可能ですので、カテゴリより柔軟性が有ります
※パラメータの数字は登録時に自動付与(選べません)
※作成上限なし

フリーページ

フリーページは、スモールプランで10P レギュラープランだと、10,000ページの作成ができます。
また、特徴と言えば、それぞれのテンプレートで、違うフリーページの設定も出来て、自動取得のパラメータではなくフリーページの番号で指定されます。

整理

上記を全て理解できなくても大丈夫です。自分のページを見ていてどこを見ているのか分かれば、問題有りません大丈夫です!

いざ、本番ボリュームを増やそう

パラメータ理解したところで、記事(コンテンツ)を増やしていく方法を考えていきます。

お店の紹介やブランドについての特色のあるページは、フリーページを使う事をおススメします。

お店自体のコンセプトや特色あるものは、フリーページで設定した方が、デザイン時やリニューアルをする、場合でもシンプルなページで、読みやすい情報になります。

また、パラメータを見てもシンプルなので、リンクを他で紹介してもらうのも、見た目が良いのと、様々なデザインテンプレートでも、フリーページを増やすと、自動でリンクされる設計に成っていますので、現状のテンプレートの追加位置を把握する事で、何の記事を入れようかと、工夫をすることができます。

このフリーページは、PC上はレギュラープランで10,000ページまで、プランを変えることで対応が出来るのですが・・・

レスポンシブでない限り、スマホページに、数多くのページを保持することはできません。

※レギュラープランでも、スマホテンプレートはフリーページが10Pしか保持できないのです。

※カラーミーショップレスポンシブが絶対おすすめという訳ではありません!
レスポンシブは、表示上難しいので、ここで苦戦する人が多くいらっしゃいます。)

以上の事を踏まえ、説明を続けます。

レスポンシブで悩んでいる方は、スマホページは別で持つ事をおススメします。

※アドバイス

PCサイトはレスポンシブで【スマートフォン表示モード設定PC版表示・スマホ最適化という箇所がありますので、【スマホ最適化】を選択して、スマホは分離して、運営することを推奨します。

現状不明な方は上記リンクをクリック後ログインして内容お確かめください。

ここで役立つ方法ですが、この時点で、レスポンシブテンプレートの方も分離型テンプレートの方も同じ条件ですが、【グループ設定】のグループ機能を使って、記事を書き、コンテンツを増やすことをお勧めします。

カテゴリは先ほど説明した通り、商品を紐付けするための機能で、商品を管理するためにあります。

グループは類似商品をまとめて紐付ける機能ですので、追加しても商品管理を壊す事にはなりません。

注意:グループを使って記事など増やす場合、必ず最低‐ι覆鯢海弔韻堂爾気ぁ

※カラーミーショップのバグで、表示ズレを起こす場合が有ります。

記事の設置先ですが、グループ管理から、作ったグループの編集に行ってください。

カラーミーショップグループ機能

画像の丸印に注目

この部分に、作ったコンテンツを入れれば、記事が挿入されます。

弊社サイトのカラーミーショップリニューアルを見てもらえれば分かりますがこのページは、カテゴリのフリースペースを使用していますが同じ状態で表示されるイメージです。

※参考にしてもらえればと思います。

可能であれば、テストでサンプルページを作成してもらえればすぐに理解できます!

画像でも分かると思いますが、優しいことにカラーミーショップは、PC版とスマホとフューチャーフォンでもそれぞれ設置スペースを分けてくれていますので、作成後に必ずそれぞれの表示内容を確認してから、あらためてそれぞれ設定するのが、お客様目線からも好ましいでしょう。

ここをうまく使う事で、スマホのフリーページの少ない部分を補うことが出来て、フリーページの様に使う事が出来ます。

これは、カラーミーショップならではの、標準機能となっています。

META情報も埋められますので、記事に合った内容を設定してあげれば、コンテンツSEOの出来上がりです
<(_ _)>

オーナー様のアイデアを活かして、この機能で作れるだけ沢山、ページの量産をしてもらえれば、アクセスアップ↑信頼度アップ↑売上アップ↑につながり、やる気の出る対策です。是非とも、試してみて下さい。

カラーミーショップで集客、アクセスアップのまとめ

本当に多くの方が商品が少ないことで悩んでおられます。アクセスアップをしたい人は、絶対試してください。また、ご相談を頂いた方々の共通した特徴として、ブログの内容や更新頻度に努力されていることがあったこともお伝えしておきます。

ブログの記事は、カテゴリごとにまとめて読みやすくしましょう!皆様のその頑張りが、いつか実を結ぶことを祈って本日の記事を贈りたいと思います。

お問い合わせありがとうございました<(_ _)>


今後も、カラーミーショップの役立つ情報を出来るだけUPしたいと思っています。是非、作業のご依頼ご相談はSBDスタイルにご相談ください!

お問合せはコチラ

ピックアップ

お見積り内容をみる

SBD記事(読み物)

スタッフブログ

制作代行サービス

コンテンツ

レビュー

カラーミーショップ パートナー
カラーミーショップ エキスパート
カラーミーリピート
社歌ができました
おもてなし認証