SBDスタッフブログ

ネットショップ売上を上げたい!売上UP↑入門編 ネットショップ売上を上げたい!売上UP↑入門編

売上を上げたい!入門編 その

みなさんこんにちは。ショップの売り上げは順調に伸びていますか?
商売ですから、やっぱり売上は多いに越したことはありませんよね。しかし、現状は満足できる売上があるショ ップオーナー様は少ないようです。実際、弊社へのお問い合わせでも「売上を上げたい!」というご相談は常に上位を占めています。
もちろん、売上が上がらない原因はショップごとに違いますが、日々のネットショップ運営の中で売上を上げるためのヒントが見つかることもあります。と、いうことで今日は「売上を上げるネットショップ運営のヒント」のおはなしです。

売上げの公式

ところで、売上とは一体、何でしょうか?労働や商品の対価であり、収益や収入をもたらしてくれたり、やる気の源になったりと、言葉にすると人それぞれ、千差万別な答えが返ってくるかと思われますが・・・。

実は、ネットショップにおいて「売上」の意味を考えた場合、売上を構成する重要な要素はたったの3つだけなんです。

分かりやすく式にすると 「 売上 = 来客数 × 購買率 ×客単価」 ということです。
 ちなみに、来客数は 「 サイトの訪問者数 」となり、
 同じく、 購買率は 「 購買率 = 販売数 ÷ 来客数 」に、
 また、  客単価は  「 客単価 = 総売上 ÷ 購買者数 」となります。

いかがでしょうか、売上を構成する3つの要素はイメージできましたか?
もしあなたのショップにおいて、来客数・購買率・客単価のいずれかの数値上に売上が低下している原因を見出せたら、それぞれの要素ごとに有効な対策法を考えることができます。
例えば「来客数」の場合なら、広告媒体を利用したり、SEO対策を行うなど、「購買率」なら、商品説明文の充実や商品画像の差し替えなど、「客単価」なら、キャンペーンの開催やおすすめ商品の変更など・・・

上にあげたことはほんの一例ですし、上記の3要素以外に問題点があることも考えられますが、まずは売上を構成する3要素の現状把握をしっかりと行って下さい。
数字は嘘をつきません。しっかりとした対策ができていれば数字はあがりますし、またその逆もあります。 そして、ネットショップによくある傾向として、私が特にみなさんにご注意いただき点は
「売上やアクセスが下がりはじめたら早めに対処する」
ということです。なぜならネットショップの場合、一度売上やアクセス数の減少がはじまるとそのトレンドが継続してしまう傾向があるからです。また、売上下降期にしっかりと対策をするのはもちろんですが、その対策が早ければ早いほど効果も大きくなります。

このように、売上をあげるためには現状をしっかりと把握し、分析をすることが大切です。
もしも問題があるのであれば、最初にまずその原因を探すことが肝心となりますが、日々漫然と過ごしてしまうとその原因究明は大変困難になります。繰り返しますが、日頃からサイトの売上・来客数・購買率・客単価の推移には注意して下さい。
※カラーミーショップの場合は、アクセスプラスが手近な解析ツールとなっています。解析ツールは情報の宝庫ですからどんどん利用しましょう。

人間は考える葦である

仕事柄、私は毎日様々なご依頼やご相談を賜ります。日々そんなお問い合わせにお答えする中で、私が発見した、こんなショップオーナー様の傾向があります。
それは「売上を上げる方法ばかり欲しがるネットショップオーナーのショップは伸びない」です。

ネットショップの多くは「売りたい!」「成功したい!」「儲けたい!」などのオーナー様のご意思で開業されます。そしてまた当然、そのようなオーナー様の多くは商品やサイトのデザイン、魅力的な記事などで独自性を図り、ショップのブランド力を上げようと、日々悩み、努力されておられます。
このようなオーナー様は常に考え、行動されていることで、ご依頼やご相談の内容もより高度で具体的なものが多いのです。
しかし、先に挙げた傾向のショップオーナー様の場合、そのご相談は「おたくなら売れるようにしてくれるんでしょ?」とか、「俺も○千万円売り上げたいんだけど」など、他力本願で具体的に何を求めているのか不明なことが多く、最もひどい場合は「ネットショップをはじめたいんだけど売れる商材って何?」などというものもあったりします。
しかも、開口一番にそんなご相談をされる方の多くは「売れないからサイトの更新はまったくしない(もしくはしたことがない)」などとおっしゃられたりする始末。
そんな有様ですから、その他のご質問もカラーミーショップの基本設定についてなど初歩的なものばかりだったりのことが多い上、同様のご質問がいくつも、延々と続いたりするのです(2016年6月追記:このようなお問い合わせが業務に支障をきたすまでになってしまったため、有料でのレクチャーサービスをはじめました。やる気のある方に限り、全力でサポートさせていただきます)。
そして、かなりの時間を費やして根気よく私たちがそんなショップオーナー様のご質問やご相談にお答えした結果は・・・。
本当に残念ですが、大体の場合においてそのショップに良い影響をもたらすことはありません。
そしてまた悲しいことに、弊社にも実りをもたらすこともありません。なぜなら、プロとして弊社がお引き受けする案件でなければ、お代を頂くわけにはいかないからです(2016年6月追記:このようなお問い合わせが業務に支障をきたすまでになってしまったため、有料でのレクチャーサービスをはじめました。やる気のある方に限り、全力でサポートさせていただきます)。

現在は数多存在するネットショップですが、ご存知の通りすべてのショップが成功できるわけではありません。 しかし、商材の違いや資金の多可などの違いはあれど、開業時ゼロのアクセス数からはじまる条件はみんな同じなはずです。
それではどこで差がついてしまうんでしょうか?もちろん、その原因はひとつではありませんが、私がこのサイト内の他の記事でも繰り返し述べている、「ネットショップは日々、手を掛けて育てていかなければならない」ということができているかどうかで確実にその差は開いていきます。しかし、何も考えずただ闇雲にサイトの更新をしても大抵の場合、あまり意味がないことになってしまいます。
「人間は考える葦である」というパスカルの有名な言葉がありますが、人間は考え、悩むことで成長すると言われています。ネットショップはネットショップオーナー様の分身ですから、ネットショップもまた、オーナー様が考え、悩むことで成長していくのです。
これはネットショップに限った話ではありませんが、時間も労力も掛けず簡単に売上を上げるなんて、そんなウマい方法などそうそうありません(もちろん、私も知りません)。

あなたはどのパターンに当てはまりますか?

前項の続きになります。私の経験上ですが、大まかに分けてネットショップオーナー様は以下の3つに分類できます。

簡単に売り上げを上げる方法論を欲しがる
問題の原因が分からない
問題の解決方法が分からない

あなたは、どのタイプでしたか?
,砲弔い討論茲曚表劼戮泙靴燭里燃箘Δ靴泙.
△離優奪肇轡腑奪廛ーナー様に一番多いタイプですが、「惜しい、もう少し!」といったところ。もしかしたら、努力のベクトルが違うのかもしれません。毎日のネットショップ運営から頑張りましょう。
のネットショップオーナー様の中には一部成功されている方もおられるかも知れません。もしそうでないなら、あと一歩のところ。限りある時間を有効に活かすためなら、信頼できる制作会社などのプロにご相談されることをお勧めします。

結果は素直に受け入れる

大量な情報が常に飛び交っているインターネットの世界においては、検索エンジンも常に目まぐるしく行動しています。情報や検索エンジンのの慌ただしい動きに遅れないためにも、ネットショップの更新は頻繁に行う必要があるのですが、その際の行動や周囲の影響によって、努力の結果は左右されます。
時としてアクセス数が下がったりする場合もあると思いますが、起きてしまったことは、起きてしまったこと。
くよくよと悩み続けてしまうことは禁物です。そうこうする間にも、インターネットの世界は常に変化していきますので。できるかぎり、歩みを止めないよう頑張りましょう。
そのためには日々、ショップの現状を把握し、分析すること。原因を発見したら、すぐに対策を講じること。
めげずに、諦めずに、根気強く。ネットショップ運営はこの繰り返しです。


関連記事

社歌ができました
お見積り内容をみる

SBD記事(読み物)

スタッフブログ(読み物)

作成代行サービス

コンテンツ

レビュー

SBD LINE@
カラーミーショップ パートナー