SBDスタッフブログ

ネットショップ運営でお勧め-内部対策 VOL.1 ネットショップ運営でお勧め-内部対策 VOL.1

検索エンジンの特性

 ここでは、私の今までの経験と、上記の検証から考えられる検索エンジン(今回はgoogle検索エンジンです) の特性をお話しします。

  検索エンジンはサイトの更新頻度をチェックする
   上記の事例△蓮▲汽ぅ汎發離如璽燭魏椎修文造CSV形式で抽出し、リニューアル
  時の商品説明やその他コンテンツのテキストに充てたものです。
   この事例では、その後の更新も行っておりませんので、検索エンジンの評価が他と
  比べて下がったことが考えられます。また、私の経験上、サイトの評価が低くなると
  検索エンジンの来訪頻度も下がるようです。
  検索エンジンはテキストの内容を重視する
   また事例△砲いては、サイト内データが、リニューアル前のサイト内データと重
  複する内容のものになっておりますので、そのボリュームの少なさと、他サイトと重
  複した内容が検索エンジンの評価を下げた可能性が考えられます。
  検索エンジンは一定の期間は評価しない
   上記事例においてはそれぞれ、開業後しばらくは緩やかなアクセス上昇となってい
  ます。これはエイジングフィルタ と言うアルゴリズムがもたらす影響で、特に新しく
  開設したばかりのサイトは、結果対象になりにくいシステムになっています。

自分のサイトがインデックスされているかを、まず調べてみましょう。

 自分のサイトが検索エンジンにインデックスされているかを確認する方法です。
 もしGoogleの検索エンジン内でのインデックスを確認するのであれば、検索ボックスでサイトコロン【site: 皆さんのショップURL】と入力することで検索が可能となります。
例えば、現在ご覧の当サイトの場合、
site:sbd-style.net】と検索すれば、Googleの検索エンジン内に格納された、弊社サイト内のページ情報が表示されます。

これはつまり、サイトコロンの検索結果で表示されたページがgoogleの検索エンジンに認識されている(インデックス)ということです。
 サイト内のページは何度も更新される傾向がありますから、そのページに対する検索エンジンの審査は、一度 ではなく何度も、時間を掛けて繰り返されることになります。
 検索するごとに検索エンジンの検索結果が異なるのは、何度も繰り返し審査と評価を行う、この検索エンジンの特性からで、この順位の揺らぎの事を「Googleダンス」と呼ばれています。

そのため、はじめのうちは時間が掛かりますが、やがてキーワードに対するページの評価が定着しはじめると、関連した他のキーワードに対する評価も増え出し、アクセスも増加していきます。
 この時点でようやく、そのサイトが検索エンジン(Google)に認識されたと考えていいと思います。つまり、 この時期までが「ネットショップの売れない時期」となりますから、専門的知識を要する外部SEO対策や、内部 SEO対策はこの後に取り組むとより効果的になるということです。

 

この記事を読んだ人はこの記事もオススメ

お見積り内容をみる

SBD記事(読み物)

スタッフブログ

作成代行サービス

コンテンツ

レビュー

SBD LINE@
カラーミーショップ パートナー
カラーミーショップ エキスパート
社歌ができました
おもてなし認証